釧路湿原ウインターカヌー in kushiro river 2019



釧路湿原ウインターカヌー&湿原ウォッチング(スノーシュー)
カヌーと湿原ウォッチングがセットになった半日コースです。
【無料送迎付】  詳しくはこちらから


釧路湿原午後のウインターカヌー(カヌーのみ)
午後のウインターカヌーコースです。
【無料送迎付】  詳しくはこちらから


釧路湿原満喫ワンデープラン
カヌーやタンチョウウォッチング等、冬の釧路湿原を一日楽しみましょう

【無料送迎付】   詳しくはこちらから


リバーウォッチング
列車に乗車し、塘路駅でミート。次の乗継までの時間の間に
湿原を体感してみましょう 【塘路駅より送迎】  詳しくはこちらから


その他、釧路湿原のネイチヤー体験は  こちらから


冬の北海道で寒いのにカヌーってできるの?
流れの穏やかな釧路川だからこそ、安全&防寒対策をしっかりしていれば、冬でもカヌー体験は出来ます!
輝く霧氷、野生動物達との出会い、流れるはすの葉氷≠間近にみながら、
カヌーをゆっくりとすすめて行きます。
カヌーの後にはスノーシューで、今下った釧路川と釧路湿原がご覧いただける絶景ポイントへ。
新感覚な冬のアウトドア、ウィンターカヌーをお楽しみください!

マシュリバでは
安全対策として、必ずドライスーツを着用いたします。
   
着てきた服の上から着用します。 セーフティートークの実施。

ドライスーツの重要性!
安全運航はもちろんの事です。ガイドも細心の注意を払って皆様を釧路川へお連れしますが、
念には念をいれ、夏場以上に安全対策をしなければ... と考えます。
ウィンターカヌーで言えば、水温から身を守ってくれる強い味方、『ドライスーツの着用』です。
今まで転覆の例は一度もありませんが、安全に安全を重ねドライスーツを着用し、
経験豊富なカヌーガイドが同乗いたしますので、初めての方でも安心してお楽しみにいただけます。

※着てきた服の上から着用しますので、防寒にもなります。

ドライスーツ未装着で万が一落水してしまった場合・・・
危険な目に合わせない事が、ガイドとして一番重要ですが、万が一の事が起きてしまうと、
冬の場合、気温、水温が低いため、低体温症を起こしてしまう危険性があります。
   
真冬の救助トレーニング。ドライを着ていると体は濡れませんので大丈夫です。

冬道は運転が大変なので・・・
釧路市内へお泊りの方は無料送迎いたします。体験終了後は塘路駅又は釧路市内までお送りいたします。
リバーウォッチングは、塘路駅の送迎となります。塘路駅まではJRでお越しください。


※ワンデープランカヌーコース及びウインターカヌー&湿原ウォッチングは、
釧路川本流のスガワラカヌーポート〜アレキナイ川〜塘路湖までの約6キロのコースです。

※リバーウォッチングは、アレキナイ川での体験となり、釧路川本流には出ません。

※結氷状態などによりカヌーコースの変更、代案プランになる場合があります。



冬のカヌー体験時の様子
出発前にドライスーツ
を着用します
ドライスーツ装着完了
釧路川へ移動!
カヌー乗艇前に
セーフティートーク
滑るように・・・
カヌー出発!

霧氷に蓮の葉氷
寒いほどキレイ!
オオワシが出迎えて
くれることも
タンチョウが川岸で
餌を啄んでいる事も
今日は何頭の
エゾシカに会えるかな



TOPページ